1着の
ドライジーンズから
全てが始まる

1着のドライジーンズを大切に長く履き続けると、素晴らしいことが起こります。

買ったばかりのジーンズがどんな風に見えたとしても、ジーンズはみな1枚の生デニムから出発しています。

お気に入りのジーンズがプレウォッシュドジーンズやダメージ加工ジーンズであったとしても、最初は濃色のインディゴデニムでした。

多くの人にとって、新品のドライジーンズが放つ独特の匂いほど魅力的なものはありません。それは文字通り職人技の匂いです。あなたのジーンズが出来るまでには、綿の収穫、染色、機織り、縫製に至るすべての工程で人の手が施されています。

多くの人にとって、新品のドライジーンズが放つ独特の匂いほど魅力的なものはありません。

あなたが新しいドライジーンズに足を入れた瞬間から、ジーンズはあなたの身体に順応していき、徐々に柔らかくなっていきます。

ジーンズの色は、藍染めの特性によってゆっくりと褪せていき、濃紺色は薄くなっていきます。

穿けば穿くほど、生地に表情が出てきます。あなたのジーンズには、あなたのライフスタイルや過去に取った行動が跡になって残ります。ジーンズはあなたの物語を語るでしょう。

人が一人一人違うように、あなたと同じジーンズを穿いている人は他にいません。ジーンズが指紋と同じようにユニークな存在になります。

洗濯をせずに、生デニムを長く穿いた場合、穿きジワが出来る場所にはっきりとしたコントラストが現れます。太ももの前面やヒップの部分は色が褪せてきます。

あなたがムラの無い綺麗なブルーのジーンズが欲しいなら、早めに洗濯をするのも大いに結構です。あなたが自分のジーンズを大切に尊重する限り、ジーンズの取り扱い方に良し悪しはありません。ジーンズがどんな風に、どの程度変わって欲しいかは、あなた自身が決めることです。

但し、はっきりしたコントラストが欲しいなら、早く洗ってしまうと、ジーンズからそうなるチャンスを奪ってしまうことを忘れないように。

リチャードが行ったこと:

この1着のルーズリーフ(ドライセルヴィッチ)ジーンズは、私たちの社員であるリチャードが履き潰したものです。彼がこのジーンズを初めて洗ったのは、履き続けて8ヶ月後のことです。この物語の素敵な部分は、このジーンズに彼の人生が垣間見れるということです。砂場で遊んだ時の膝の擦り切れや、お気に入りのカフェで付いたであろうコーヒーのシミ、そして毎日履いたからこそ現れる美しい色褪せ具合。