ギャップ

埋めよう

年間を通じて、日々、当社の店舗スタッフは穿き古したジーンズの修繕を行っています。しかし、よく穿き込んだジーンズでは裂け目、つまり「ギャップ」も大きくなります。

最低賃金が実際の生活費を下回る国も少なくありません。これこそ、私たちが修復を支援すべきギャップです。

当社の衣類の約60%は、ヨーロッパで作られています。そこでは、食費、医療費、教育費などの基本的な生活水準以上を踏まえた上で賃金は考慮されています。

最低賃金が実際の生活費を下回る国も少なくありません。これこそ、私たちが修復を支援すべきギャップです。

当社のフェアトレード認定オーガニックコットンの衣類はすべて、インドで作られています。インドでは、州政府が定める最低賃金が地域によって異なります。また、インドでは最低賃金には法的な拘束力がありません。

当社は、数年前から、インドの供給業者であるArmstrongと協力して、生活賃金イニシアチブを推進しています。生活賃金は、国の最低賃金と実際の生活費のギャップを埋めるものです。つまり、Nudie Jeansの衣類の製造に携わる労働者は、通常より高い給与をもらえることになります。

当社は、自社製品の製造に関してのみ生活賃金を支払います。他のブランドが生産を行う場合、自社で責任を持ち、より優れた公正な労働条件に取り組む必要があります。

当社には、供給業者と協力して、安全で公正、かつ倫理的な作業環境を提供する義務があります。

そのため、すべての生産施設で、定期的な社会監査と追跡調査を実施しています。基準の順守を保証し、改善すべき項目を把握するために、監査を実施します。

当社は、これらの内容を透明化しています。監査の概要は、当社のウェブサイトからダウンロードできます。概要には、最新の監査結果だけでなく、改善に向けたアクションプランも含まれています。

Fair Wear Foundationのメンバーシップは、製造チェーンの関係者全員の労働条件が公正であることを確認するための重要な要素です。サステナビリティ(持続可能性)は、環境問題と同様、社会的な基準です。

変わらないのは、この世は変わるということだけなのです。当社は、さまざまな組織と協力し、社会的、および環境のサステナビリティの分野におけるスキル向上に取り組んでいます。

Chetna Coalition

Chetna Coalition (ChetCo) は、オーガニックコットンと農業団体と連携する繊維ブランドのサプライチェーン連合組合です。

コットンの事前予約を行い、Chetna Organicに加入する農家への需要の通知を徹底することで、農家は栽培計画を立て、収入を確保することができます。

Textile Exchange

Textile Exchangeは、テキスタイル業界のサステナビリティ向上に取り組む国際的な非営利団体です。Nudie Jeansは、2009年から加入しています。

フェアトレードコットン

オーガニックコットンおよびフェアトレード認定コットンを栽培することで、農家は従来の国際市場価格より高い価格でコットンを販売することができます。コットンをフェアトレードで販売することで、農家はフェアトレード報奨金を受け取り、地域社会、学校、道路、医療施設の建設に投資することができます。報奨金は、販売されたフェアトレードの衣類のライセンス料金として支払われます。

Fair Wear Foundation

FWFは、テキスタイル業界における労働条件の改善に取り組んでいる独立非営利組織です。Nudie Jeansは、2009年11月から加入しています。同財団は、テキスタイル業界、労働組合、NGOの業界団体によって運営されているイニシアチブです。