ギャップ

埋める

年間を通して毎日、私達の店員は、古びたジーンズを修理しています。しかし、その違いは、大切に使用されたジーンズより大きなものです。

多くの国々の最低賃金は、実際の生活に必要な金額を下回ってるといいます。そんなギャップを私たちは埋めたいと願っています。

私たちの衣服の80%は、ヨーロッパで作られています。その国々では、標準的な生活に必要な額と同等、もしくはそれ以上の賃金が支払われていると考えられています。

> 多くの国々の最低賃金は、実際の生活に必要な金額を下回ってるといいます。そんなギャップを私たちは埋めたいと願っています。

私たちのフェアトレード認定を受けたオーガニックコットンの衣類は、インドで生産されています。インドは、政府によって定められた最低賃金が地域ごとに異なります。そしてその最低賃金の多くが、法的な根拠を持っていません。

私たちは数年前から、インドのサプライヤーであるアームストロングと共同で、Living Wages(生活賃金)イニシアチブを開始しました。生活賃金は、政府の最低賃金と実際に生活する上で必要なコストとのギャップを埋めるためです。より具体的に言うと、労働者はNudie Jeansの衣類を製造する際、より高額の賃金を得ることになります。

生活賃金は、私たちの製品の製造に関わる場合のみ支払われます。他のブランドが生産過程に関わる場合は、彼ら自身がより良く公正な労働環境を作ることの責任を負わねばなりません。

サプライヤーと協力しつつ、安全で公正、そして倫理的な労働環境を提供する義務が私たちにはあるのです。

私たちの全ての生産施設では、定期的に社会監査、およびフォローアップを実施しています。監査を行うことで、全ての水準が維持され、また改善点がないかどうかを知ることができます。

この点に関して、私たちは公開性を保っています。監査概要は、ウェブサイトからダウンロードすることができます。最新の監査結果や、さらなる改善に向けての行動計画などが閲覧可能です。

生産に関わる全ての労働者が公正な労働環境で働くことができるように、私たちはFair Wear Foundationに加入しています。サステイナビリティとは、環境問題であると同時に、社会的な課題でもあるのです。

唯一変わらないのは変わるということだけ。様々な組織と協力して、社会的かつ環境的なサステイナビリティのために進歩し続けます。

Chetna Coalition

Chetna Coalition (ChetCo)とは、繊維のブランドが共同で立ち上げたサプライチェーンです。これらのブランドは全てChetna Organicという農業コミュニティーで生産されたオーガニックコットンを取り扱っています。

Chetna Organic内の農家は、需要と相談しつつ事前にコットンの予約を受けるので、農業の計画を立て、安定した収入を得られる可能性が生まれます。

Textile Exchange

Textile Exchangeとは、グローバルな規模のNPOであり、繊維産業をよりサステイナブルにするために働いています。Nudie Jeansは2009年来より本NPOの会員になっています。

Fairtrade Cotton

農家は、オーガニックとフェアトレードの認定を受けたコットンを育てることで、従来のコットンをグローバル市場で売る時よりも高い値段で、コットンを販売することができます。コットンをフェアトレードで売る、農家はフェアトレードプレミアムを受け、それを共同体や学校、道路や病院などへ投資することができます。このプレミアムは、フェアトレード衣料品を販売して得たライセンス料から支払われます。

Fair Wear Foundation

FWFは、独立NPO組織であり、繊維産業内の労働環境を向上させるために働いています。Nudie Jeansは、2009年11月より本NPOの会員になっています。本財団は、繊維分野の業界団体、労働組合、NGOによるイニシアチブで設立されました。