オシャレで新しいワンウォッシュデニム - その本物の色落ち感は、私達みんなが愛するものです。一言で再定義するのであれば、全く同じ衣服を、天然資源を一切使用することなく手に入れることができるのです。

少し前に私達は、Nudie Jeans Re-useと呼ばれる新しい平行事業を開始しました。

私達の主力事業とは別に、使用済みのNudie Jeansデニムを洗浄し、修理することで新しい生命を与えるというものです。

衣服1枚を捨てるということは、実際にはその1枚だけが失われるのではなく、膨大な量の水やエネルギーが失われるということにもなるのです。

ワンウォッシュデニムは本来の履き慣らし状況を再現することが多いのですが、私達のRe-useコンセプトには、オリジナルのストーリーがあります。まさに、唯一無二の存在なのです。

そして、色落ちした素晴らしいジーンズをお探しの方にとって、違いは、どのような過程で、そのような見た目を得たのかということだけです。

ジーンズがRe-useの循環に入ると、ジーンズを手放す方も、それらのジーンズを購入する方も、天然資源を有効活用することに役立つのです。 生産ではなく再利用することは、大きな環境保護を意味するのです。

そして、そのことは、あなたにとっても経済的な利益をもたらします。

以前愛用されていたジーンズをお渡しいただけますと、新しいジーンズを20%オフにてご提供します。 洗浄され修理された古着ジーンズを購入されると、新品のジーンズを購入されるより、お買い得なのです。

私達は気候異常の危機に直面しています。これは事実です。天然資源には限りがあるのに、それを意に介さず使用していることも、また事実なのです。新しいものを次から次へと無駄にするのではなく、再利用することは、水、エネルギー資源、そして原材料を保護することになり、まだ使用できるものが、ゴミとなることを防ぐのです。

水は無限に循環しています。 使用すると、蒸気となり、雨となって、また私達の住む地表に戻ってきます。 そうであるとすれば、なぜ節約すべきなのでしょう?水は必ずしも同じ場所へと戻るわけではないのです。また、同じ量、同じ質とも限りません。 コットンが育つ暖かい気候では、水の循環の均衡異常が、干ばつや水不足を引き起こすのです。

どのような商品でも、生産には多くのエネルギーを消費します。 デニムの事業においては、コットンの下処理、紡糸、染色、切断、そして縫製をするために、それぞれの機械が使用されます。 その後、あなたのご自宅、またはお気に入りのお店へと、商品を輸送する必要があります。従って、衣服1枚を捨てるということは、実際にはその1枚だけが失われるのではなく、膨大な量の水やエネルギーが失われるということにもなるのです。

それに比べて、Re-useデニムを新品と考えるのであれば、エネルギーを殆ど消費することはありません。 通常、家庭用洗濯機で洗い、ミシンを数分使うだけです。 そして、私達のリペアショップには、その近所から集められた、使用済みジーンズが置かれているため、輸送に関しても、街の中でバスに乗ることと大きな違いはありません。