コンテンツまでスキップ
Fall 19 Recycled wool
Materials part 4

Not Just Denim

Nudie Jeans strive to take responsibility for the full range of products.

Elastane

In our comfort and power stretch denim options, we have included between 1–3% elastane, which gives the denim a soft and stretchy feel. When spinning the yarn used to weave the denim fabric, cotton fibers are spun around a very thin thread of elastane. The elastane is therefore at the core of the yarn. Until now, we have been using virgin elastane, but together with our suppliers, we are seeking options for using recycled elastane in the future. The elastane producers are known to us, but we have not yet been able to trace the specific production units used.

ポリエステル

2019年には、スタイルの主原料としてリサイクルポリエステルを導入しました。Nudie Jeansでは、リソースの使用を最適化するために新たな方法を模索していますが、その一環としてリサイクル繊維の使用を拡大しています。新しいデニム商品にはすべてリサイクルポリエステルを使用するなど、リサイクルポリエステルの使用対象を拡大していますが、一部の商品に関しては未だに未使用のポリエステルを使用しています。ポリエステルは化石由来の合成繊維で、一部の衣服についてはその特性が望ましいため、使用されています。例えば、最もストレッチ性の高いデニムにポリエステルを追加することで、ストレッチの回復性が高まります。また、コットンやウールにポリエステルを加えると、糸の強度が向上します。ただ、リサイクルであれ未使用素材であれ、ポリエステルの使用にはマイクロプラスチック放出の危険が伴います。海洋へ流出したマイクロプラスチックには有害な化学物質が含まれる可能性があり、動物や人間の体内に取り込まれるリスクもあります。当社ではマイクロプラスチック放出のリスクを軽減するため、Guppy Friendバッグを販売しています。この中に商品を入れて洗濯すると、プラスチック繊維がバッグ内に取り込まれ、下水施設に流れ出ることがありません。当社が使用するリサイクルポリエステルの大半はインド産です。また、使用している未使用ポリエステルの追跡にも引き続き取り組んでいます。

Recyled Polyester-Guppyfriend

リヨセル

Lenzing社のTENCEL™ リヨセルは現在最も持続可能性の高い人工セルロース系化繊です。リヨセルはビスコースと同じ原料から作られた別の化繊です。このLenzing社のTENCEL™リヨセル製品がこれほど強くて長持ちなのは、溶剤紡糸の過程で閉ループシステムを用いているためです。溶剤はリサイクルされ、何度も再利用可能です。Nudie Jeansでは自信を持って、人工化繊であるTENCEL™リヨセルを選び、この原料のさらなる活用を考えています。また、2018年には、Textile Exchangeの優先素材ベンチマーク (Preferred Material Benchmark) で優先人工化繊を100%使用するトップ企業の一社として選出されました。

ポリアミド

ブランド名であるナイロンの名称で呼ばれることの多い合成繊維ポリアミドには、ポリエステルと同様、洗濯時にマイクロプラスチックが放出されるリスクがあります。Nudie Jeansでは、ソックスに加え、ニットトレーナーやビーニーなどのニットアイテムの一部にポリアミドを使用しています。また、当社のデニムに使用されている金属ボタンの一部にもポリアミドが含まれています。Nudie Jeans商品に使用されているポリアミドの原産地については、まだ追跡できていません。

ウール

ウールは耐久性に優れた天然繊維で、長持ちし、しみが付きにくい特性からさまざまな衣服に使用されています。ウールの衣類は風通しをするだけで洗濯と同様の手入れ効果が得られるため、持続可能な利用の面でもメリットがあります。リサイクルウールを使用することで環境負荷が低減されるため、持続可能性が高まります。ただしリサイクルウールには課題もいくつかあります。繊維長が短いため、Nudie Jeansの基準に叶う高品質な商品を作り出すためには、素材の混紡、紡績や編み工程で配慮が必要となります。当社の使用するリサイクルウールはイタリアのプラート地方で生産されたものです。認定未使用ウールの原産地についてはまだ追跡できていません。

Wool

アルパカとモヘア

2019年には、より軽量でボリュームのあるニットセーターを制作するため、少量のアルパカとモヘアを使用しました。2019年秋コレクションで使用したモヘアについては、現在策定中の責任あるモヘア (Responsible Mohair) 規格など、遵守できる持続可能性基準は存在するものの、トレーサビリティに欠けるため、当社の繊維ポートフォリオには追加していません。当社の使用したモヘアは、Mohair South Africaの持続可能なモヘア生産ガイドラインを遵守する生産者からStuckenグループを通じて細心の注意を払って調達したものです。このガイドラインは上述の責任あるモヘア規格の大枠の基盤となっています。

当社の使用するアルパカはペルーから調達されています。Nudie Jeans では繊維のトレーサビリティを改善するための手段を講じてきました。その過程で、完全なトレーサビリティを実現する上でははるかに長い期間が必要となることを痛感しており、今後もこの内容に継続的に取り組んでいく予定です。

シルク

シルクはカイコの作り出す天然のタンパク質繊維です。カイコは成虫に変わる前に、長い絹糸でできた繭を紡ぎます。シルクの従来の生産手法では、繊維長を保つため、カイコが成虫となる前に繭を収穫し、茹でて繭を壊し、絹糸をほぐします。ピースシルクの場合には、成虫が去った後に繭を収穫し、茹でるため、成虫に害を与えません。ただし、絹糸の長さは短くなり、やや繊細さに欠ける生地となることもあります。Nudie Jeansでは認定されたオーガニックシルクのみを持続可能な繊維として定義することを選択しています。ピースシルクと認定オーガニックシルクとの違いは、繭を孵化後に収穫する点に加え、後者では農薬や肥料に関する規制も含まれる点にあります。当社はインド産のピースシルクを使用していますが、認定オーガニックシルクの使用には至っていません。

Lenzing’s TENCEL™ Lyocell production is very sustainable due to the use of a closed loop system for the solvent spinning process.

Leather

Throughout Nudie Jeans’ history, we have chosen to work with leather because just like denim, it is a material that becomes more beautiful with time. The leather industry presents many challenges regarding chemical usage, traceability and animal welfare. We, therefore, work with one specific Leather Working Group Gold-rated supplier based in India for our leather jackets. We also believe that a leather jacket can be a sustainable choice if it is used for many years. Most of our leather accessories are made with vegetable-tanned leather. This is one way to decrease the use of chemicals in the leather industry, but until we can guarantee that the animals are from a certified organic farm, we will not define our leather products as sustainable. The goat leather used for jackets is of Indian origin and the leather used in our accessories is from Polish cows. 


Jacron

In 2018, we stopped using leather patches on our denim and replaced them with Jacron patches. 2019 is the first full year where all our patches or labels where made with Jacron instead of leather. Jacron is a material made of FSC-certified cellulose fibers and acrylic polymers made in Germany. Offering leather-free denim was a natural step in Nudie Jeans’ sustainability journey. 

Jacron

Trims

The treads for our denim come from Coats and Gütterman Threads, and our zippers come from YKK and are bought locally by our suppliers in each supplier country. The booklets in the back pocket of each pair of jeans are made in Denmark by A-tex and the paper used is FSC-certified. The woven Nudie Jeans tag is made in recycled polyester from the Fall20 collection forward, and the paper waist tag are made with FSC certified paper. All our tags and hangtags are made in Turkey by A-tex. The paper box for underwear is made locally in India with pre-consumer recycled cotton from fabric and spinning waste. In 2019, we used plastic buttons made in Portugal for our shirts, but we are working on replacing them with a more sustainable option in the coming years. All our metal buttons, rivets and snap fasteners are made under environmentally safe (EMAS) and transparent conditions by Berning & Söhne in Germany.

Trims

Labels

Sustainability for us means taking responsibility in all steps of the supply chain, and for all material decisions taken. Therefore are all our woven polyester labels in our garments made in recycled polyester from the Fall 20 collection and all hangtags are made with FSC certified paper.