コンテンツまでスキップ
素材パート1

持続可能な素材

Nudie Jeansは、原料から商品寿命の終わりまで、責任ある取り組みを目指しています。

Nudie Jeansの特長は、デザインの普遍性にもあります。Nudie Jeansの目標は時代や季節を選ばない商品をつくることにあります。お客様が毎日着用し、ずっとそばに置いておきたくなるアイテム、耐久性があり、リペアリペアしながら着用し続けることができるアイテムです。循環型のファッションが話題に上る以前から、当社では長く愛され、着続けられる商品を作ることで、その寿命を延ばすことに注力してきました。デニムというのは、時間が経つほど美しくなる素材だと考えています。ドライデニムを手に入れ、毎日穿き込むことで、美しい独自のシワや着用感が生まれ、人生の思い出が詰まった一本が生まれます。

当社商品に使われている繊維の93.8%がコットンです。商品が環境に及ぼす影響は原材料の栽培段階が最も大きいため、オーガニック、フェアトレード、リサイクルのコットンのみを使用しています。2012年に当社のデニムすべてをオーガニックコットン製にするという最初の目標を達成し、以降も努力を続け、2017年にはその他の商品ラインでもこの目標を達成しました。

また、Nudie Jeansではデザインプロセスの一環として持続可能な生地や繊維の探索にも取り組んでいます。生地を提供するサプライヤーと連携して新たな展開を取り入れ、新技術の進展も注視しています。2019年には、コレクションに採用するリサイクル繊維の比率を高め、環境への影響を低減しました。Nudie Jeansでは、自社の素材ツールで持続可能と定める繊維が70%以上含まれている衣服やアクセサリーを持続可能と定義しています。

sustainability products raw fibers

Nudie Jeansの素材ツール

Nudie Jeansでは主にオーガニックコットンを素材に用いていますが、デニム以外の商品にはその他の持続可能な素材を使用するよう努めています。100%持続可能な素材を使ったビジネススタイルの確立というNudie Jeansの目標を達成するため、2018年には、デザイナーや商品開発担当者の指針となるNudie Jeans素材ツールを作成しました。

Nudie Jeans素材ツールは、100%持続可能な素材を使ったビジネススタイルの確立というNudie Jeansの目標を達成するうえでデザイナーや商品開発担当者の指針となるもので、Made-Byの繊維環境ベンチマーク (Environmental Benchmark for Fibers) とHiggの材料サステナビリティインデックス (Materials Sustainability Index, MSI) を基盤としています。持続可能な繊維として3つのカテゴリーを定め、そのいずれもNudie Jeansにより「持続可能」として認められています。素材ツールで繊維を分類して最も持続可能性と循環性に優れた繊維を浮き彫りにすることで、社内開発を推進するとともに、持続可能繊維の定義と使用に厳しい目を向ける必要性を業界に訴えかけたいと考えています。

「持続可能」カテゴリーの他には、Nudie Jeans商品に使用される可能性があり、かつ「持続可能」に分類されない「非持続可能」カテゴリーとNudie Jeans商品への使用を禁ずる「使用禁止」カテゴリーがあります。

認定

Nudie Jeansでは、認定を受けた原材料を使った商品づくりを非常に重視しています。当社商品に使用されるオーガニックコットンは、原産地とサプライヤーに応じ、グローバルオーガニックテキスタイル基準 (GOTS)、オーガニックコンテントスタンダード100 (OCS 100)、米国農務省オーガニック (USDA Organic) のいずれかに従い認証を受けています。Chetna Organicを通じてインドで調達されるコットンはすべて、フェアトレードとGOTSの認証を受けています。

Nudie Jeansの製造工程に投入される新素材の増加に合わせ、対応する認証の範囲も拡大しています。 TENCEL™などの人工セルロース繊維についてはFSCやPEFC認証が適用されます。リサイクル糸に関しては、グローバルリサイクルドスタンダードの使用に努めています。

2020年ウィンターコレクションでは、オンラインショップでGOTS認証商品の販売を開始します。

cert