This is
Nudie Jeans

It all starts with a pair of drys

  • 生デニム
  • 6週間穿き慣らし
  • 12週間穿き慣らし
  • 18週間穿き慣らし
  • 24週間穿き慣らし
  • 24週間穿き慣らし+洗濯

購入時のジーンズの様子にかかわらず、ドライジーンズからすべてが始まるのです。あなたが愛用しているプレウォッシュドジーンズやプレディストレストジーンズは、遥か彼方まで旅をしてきたかのような風合いを纏っているかもしれません。しかし、その風合いはすべて、ダークインディゴのデニムから誕生したのです。

ウォッシュ加工されていない生デニムの質感、臭い、深いブルーの色合いは、真のクラフツマンシップの証です。生デニムとそれを穿き込む作業こそが、Nudie Jeansの真髄なのです。

多くの人にとって、新品の生デニムが放つ独特の臭いに勝るものはありません。この臭いは、クラフツマンシップの証に他なりません。コットンの収穫からインディゴ染色、製織、縫製に至るまで、あらゆる工程における多くの人たちの手によってジーンズは作られるのです。

新品の生デニムを穿き始めた時から、穿き込みというもう1つのクラフツマンシップが始まります。ジーンズを穿き込むのを楽しむ人もいます。しかし、誰にとっても試練であることは確か。

ドライジーンズを穿き込むのは6カ月の長旅です。結果はあなたの旅しだい。デニムは、オフィスで座っているだけでは、オートバイの修理をしたときほどの風合いが出ません。ライフスタイルに関係なく、ジーンズは過去の記録です。染み、傷、擦れにも、独特のストーリーがあり、見るたびにそれを思い出すかもしれません。新品の新しいジーンズと長い間日常生活を共にして穿き慣らした後は、ジーンズが身体の一部、セカンドスキンのように思えてくることでしょう。

洗濯する前に穿き込んだジーンズの臭いは、新品の生デニムの臭いと全く異なります。

強い臭いを放つ場合があります。
それは、クラフツマンシップが生み出す臭いの賜物と言っても過言ではないでしょう。

新商品8カ月穿き慣らし
あなたのジーンズを誇りに思いましょう。
さあ、新しいジーンズを手に入れましょう。
生デニム

生デニムを穿き込む方法

インディゴの生デニムを約6カ月間毎日穿き込むと、自分の手で作り上げた、セカンドスキンのように思えてくることでしょう。

  1. すべては、Nudie Jeansの生デニムから始まります。最高の仕上がりを求める方には、リジッドの生デニムがお勧めです。
  2. ジーンズを毎日穿きましょう。長く穿き込むほど、個性と趣のあるアティテュードが生まれます。
  3. シミを除去する場合は、湿らせた布で擦り落としてください。
  4. 消臭したい場合は、ジーンズを外に干して風に当ててください。また、裏返しにしてよく振ってください。
  5. 穿き慣らしたジーンズを洗濯する場合は、裏返しにして洗濯してください。洗濯後、ジーンズが濡れた状態で股下部分を伸ばしてください。外に干して自然乾燥させてください。乾燥機は使用しないでください。

インディゴが色落ちする理由

染色工程では、天然コットンの縦糸をインディゴの染浴に何度も浸して重ね染めを行い、徐々に深いブルーの色合いを生み出していきます。インディゴの染料はコットン繊維に完全に定着しません。そのため、長きにわたってジーンズを穿き込むことで徐々に色褪せていきます。

プレウォッシュドジーンズの場合は、最初の洗濯までに6カ月間お待ちいただく必要はありません。すでにウォッシュ加工がされているため、随時洗濯していただけます。

ナイフの刃による加工を施したコットンの縦糸インディゴが徐々に色褪せていき、白の芯が現れます。生デニムの穿き込みにも、同じ方法が適用されます。

ジーンズの洗濯方法

ジーンズをどのように洗濯していますか?他のものと同様に、生デニム、ブラックジーンズ、プレウォッシュドジーンズなどのジーンズを洗濯する場合にも注意点があります。

インディゴ生デニム
Nudie Jeansでは、洗濯をする前に6カ月以上毎日穿き込むことを推奨しています。それは、ジーンズを穿き込むことで、ジーンズに独特のストーリーが刻まれていくからです。すっきりとしたブルーの色合いを希望される場合は、早めに洗濯することも可能です。生デニムを穿き込む方法に正解はありません。大切なことは、惜しみない愛を注ぎ、丁寧にお手入れすることです。
プレウォッシュドデニム
このデニムは製造工程で「穿き慣らし」とウォッシュ加工が施されているため、すぐに洗濯していただけます。しかし、あまり汚れていない場合は、洗濯ではなく良好な環境下でしばらく干しておくことをお勧めします。
ブラック生デニム
穿き込むことでハニカム模様やマスタッシュ加工に美しい風合いが生まれたとしても、ブラックジーンズはすぐに色褪せていきます。Nudie Jeansではブラックジーンズの再染色を承っております。漆黒の色合いを保ちたい場合は、定期的に再染色サービスを利用されることをお勧めします。

ジーンズを裏返しにしてください 洗濯前少量の洗剤を使用してください。斑模様や洗濯による悪影響を避けるために、漂白剤は使用しないでください。ブラックデニムの場合は、黒い生地用の洗剤を使用してください。洗濯後、生地が縮むのを最小限に抑えるために、すぐに股下部分とウエスト部分を伸ばし、外に干して乾燥させてください。すべてのジーンズは洗濯後縮むため、着用した時に少しきつく感じる場合があります。しばらく穿き込むうちに縮みが解消されますので、ご安心ください。

素顔のままのデニムの真実

愛情を込めて手入れされ、長きにわたって穿き込まれてきたどんなジーンズも、最初は新品の生デニムだったのです。Nudie Jeansリペアショップで無料で修理されたものもあれば、元の持ち主によって修理されたものもあります。これらのジーンズの傷や修理跡には、日記の如く独特のストーリーが刻まれています。

あなたのジーンズを誇りに思いましょう。
さあ、新しいジーンズを手に入れましょう。

生デニム
リペアショップの検索リペアキットを注文

オーガニックな方法で栽培し、収穫したコットンを使用するという判断は、自明のことでした。コットンを栽培し、収穫する土壌を強く、持続可能にするだけでなく、当社の商品を持続可能にする手段があるのなら、他に選択肢はありません。当社は、オーガニックコットンだけで作られたコレクションの完成を目指して、真摯な取り組みを続けています。

従来の綿の栽培方法では、大量の農薬や化学薬品を使用しており、土壌や水の汚染につながる危険があります。オーガニックコットンは人工肥料、農薬、遺伝子組み換えを行ったコットンを一切使用せずに栽培されています。

オーガニックコットンと従来の栽培法によるコットンを比較したライフサイクル分析によると、オーガニックコットンは地球温暖化の危険性を46%、酸化物質を70%、富栄養化(土壌浸食)を26%、水の消費量を91%、エネルギー需要を62%も抑えます。出典:テキスタイル交換のライフサイクル分析

フェアトレード 認証コットンフェアトレード認定のコットンを栽培する農家は、作物が売れた時に、持続可能な生産コストを賄うための最小限の金額を受け取ります。フェアトレードにコットンを販売する場合、農家はフェアトレード報奨金を受け取り、地域社会、学校、道路、医療施設の建設に投資します。

生活賃金

一部の国々では、最低賃金と実際の生活コストに大きな隔たりがあります。Nudie Jeansは、インドで弊社の商品製造に携わる従業員に生活賃金を平等に支払っています。

当社の衣類の約70%が賃金レベルが他とは異なるヨーロッパでつくられています。

アパレル工場との協力により、当社はNudie Jeansの商品製造に関わるすべての人に安全で公正、かつ倫理的な労働環境を提供する責任を遂行しています。

厳選されたパートナーのみと提携しています。パートナーには当社の行動規範の順守が義務づけられています。Fair Wear Foundationのメンバーシップは、製造チェーンの関係者全員の労働条件が公正であることを確認するための重要な要素です。

FAIR WEAR FOUNDATION

Fair Wear Foundationは、アパレル業界における労働条件の改善に取り組んでいる独立非営利組織です。

同財団は、アパレル業界、労働組合、NGOの業界団体によって運営されているイニシアチブです。Fair Wear Foundationは、加盟企業がサプライチェーンとともに労働慣行規範を実施しているかどうかを検証し、監査と是正措置のモニタリングを行うことによってコンプライアンスの調査を行います。加盟企業とFair Wear Foundationの年次報告により、あらゆるレベルにおける透明性の確保が促進されます。Nudie Jeansは、2009年にFair Wear Foundationに加盟しました。

テキスタイル交換

オーガニックコットンの栽培と取引をサポートする非営利団体です。

CHETNA COALITION

Nudie Jeansは、インドの非政府組織であるChetna Organicからフェアトレードコットンを調達しています。Chetna Organicは中小規模の農家と提携し、サステナブルなコットン栽培を通じて農家の存続可能性の向上に努めています。

Chetna Coalitionは、複数のブランドが集まり、今後の購買を計画することで、オーガニックコットンのサプライチェーン改善に取り組む新規プロジェクトです。Chenaのネットワークの農家に需要を伝えることで、農家は生産計画を立てることができ、最初から栽培したコットンの買い手(市場)を把握しておくことができます。同時に、ブランドは商品を企画する際、安心できるオーガニックファブリックの調達先を確保することができます。

プロダクションガイド

監査の他に、Nudie Jeansの代表者はサプライヤーを定期的に訪問しています。当社のサプライヤーや請負業者は、年中通して生産を行っていますが、ピーク時に訪問することがほとんどです。大部分は抜き打ちで(予告なし)訪問します。

当社が監査を行ったすべてのユニット、および/または、状況改善が進行中のユニットに関する監査結果の書類があります。これらの文書のサマリーはPDFとしてダウンロードできます。

当社が提携する工場の概要については、こちらまでお問い合わせください。 csr@nudiejeans.com


NUDIE JEANS
のジーンズはすべて、
無料でリペアを行います。

Nudie Jeansのジーンズはリペアして、セカンドハンド品として再販できる、あるいは買った店のNudie Jeansリサイクリングプログラムに寄付できる。これがNudie Jeansリペアショップのアイデアです。

ベンダー(売り手)は知識を活かして顧客のニーズに応え、カスタマイズされたソリューションを提供する。チーズや魚、肉を市場で買うのと同じように「カウンター越しに買えるジーンズ」文化を作ること。それが当社の目指す目標です。

49 235pairs of worn Nudie Jeans denim were repaired at the Nudie Jeans Repair Shops during 2017.

このコンセプトは、Nudie Jeansエコサイクル哲学に裏打ちされたもので、その最初のステップ既製品のジーンズなのです。次のステージは、設備の整ったハイプロファイルなリペアステーションを開発することです。裾上げに特化したマシンとリペア専用のマシンなど、ミシンへのこだわりは、ショップのウィンドウからもはっきり伺い知ることができます。店舗に一歩足を踏み入れると、このコンセプトが全面に表れています。リペアや回収を待つジーンズはコーナーに山積みされるのではなく、ショップの一番目立つ場所にディスプレイされます。

お客様がはき古した愛着のあるジーンズを寄贈してくれる「生きたギャラリー」がコンセプトです。

ご自宅の近くにNudie Jeansのリペアショップがない場合は、リペアキットを無料でご注文いただけます。

リペアキットをご利用いただくことで、お手入れをしながらジーンズを穿き込み、自分だけのスタイルにカスタマイズすることができます。

コンボリペア:
  1. ヨーテボリのVallgatanにある
    Nudie Jeansリペアショップで修繕したジーンズのクロッチ。
  2. リペアキットを使用したハンドメイドのポケット修理
ジーンズは
使いこなし、
再利用するために作られたもの

リペアキットをご利用いただくことで、お手入れをしながらジーンズを穿き込み、自分だけのスタイルにカスタマイズすることができます。時間を重ね、使い込むごとに美しく、味わいを増すよう物を大切にすること。それがNudie Jeansに深く根付いている信念です。その人の歴史を映し出し、時代を超える物。人が愛し、大切にしている物を長く残していくこと。これが当社が伝えていきたいメッセージなのです。

はき慣れた古いジーンズとさよならしたいと思ったら、リペアショップに下取りに出せば、20%オフで新しいジーンズと引き換えられます。

デニムは洗浄し、リペア作業を施した跡、ユーズド品として再販します。これらのユーズド/リペア済みジーンズは、環境に配慮した商品であることを示すスウェーデンの「Good Environmental Choice」エコラベル認定を受けました。

バラバラに解体して
組み合わせる

Nudie Jeansは、さまざまなリサイクル商品やプロジェクトを立ち上げてきました。2007年のDenim Maniacsプログラムに始まり、中古のNudie Jeansデニムをリサイクルして作られたドライデニムジーンズ、ラグラグ、キャンパーシートなどのプログラムを次々と実現してきました。

インアンドアウトシームキャンパーシート折りたためるキャンパーシートは、9本のNudie Jeansのインシームとアウトシーム、1本のベルト、1つのレザーパッチを使って手編みしたものです。250枚の限定生産で、一つひとつ表情が違います。
インアンドアウトシームのキャンパーシートはスツールとしても使えますが、アートなオブジェとして飾るのもおすすめです。美しく編み込みのシートとシンプルな作りは、タペストリーとして壁に掛けることもできます。

LILL-MATS & STOR-MATSスウェーデンのトラースマッタ、国際的な共通語で言うと「ラグ」は、インアンドアウトシームに使用されているNudie Jeansのデニムのせん断したハギレが原材料です。私たちが選んだ名前は、同じ名前の人がお互いに区別するための昔ながらのルールです。

Lill-Matsは、140x70cmの小さめのラグで、275枚限定で作られています。Stor-Matsは、サイズ240x170cmで、75本限定です。

Montyファイブパネルキャップは、中古のNudie Jeansをカットして作られたものです。
中古のデニムから新しい糸を紡ぎ出すには、コットンのようなパルプになるまで挽きつぶす作業から始めます。
グリムティムポストリサイクルドライNudie Jeansデニムのユーズド品と100%オーガニックコットンで作られています。