最適なバランスを実現する

「Lagom」とはスウェーデン語で「適切な量」という意味です。これは私達の陰陽の哲学です。全てのスウェーデン人の生命の中の火と水なのです。

ヌーディージーンズは、ある概念に基づいて作られています。この概念は、複数のコンセプト、信念、そして昔ながらのファイティングスピリットから構成されています。

このブランドは、主として世間の流れとは逆のものを追求したいという姿勢から立ち上げられましたが、それだけでは終わりませんでした。ブランドを突き動かしたのは、ドライデニムへの情熱でした。当時、加工を施していない素のままの生地は忘れ去られた存在であり、誰も求めていませんでした。

初めてのコレクションをデザインする前から、ヌーディージーンズの環境哲学はすでに存在していました。当時、オーガニックコットンはすでに市場に出ていましたが、程度の差はあれ、フリンジ的な存在でした。こうした生地に対する需要は下降傾向をたどり、当然、供給も減りました。

しかし、それが流れに逆らうチャンスだったのです。確信と強い意志に動かされて、100%オーガニックデニムブランドを作るプロセスが開始されました。

持続可能な丈夫な素材のシェアは年々増加し、2012年以降、ヌーディージーンズのデニムはすべて100%オーガニックコットンで作られるようになりました。

オーガニックコットンとは対照的に、従来の栽培法によるコットンは、人工農薬の全世界使用量の25%を占めていますが、使用される農地はわずか3%に留まっています。従来のコットンを1キロ作るには、同じ量の人工肥料、農薬、殺生物剤が必要です。この量は「Lagom(ラーゴム)― 理想的なバランス」とは言えません。「適度」には程遠いのです。

服をまとわず、完全に自給自足の生活を送り、シリコンバレーのご神託(現代のテクノロジー)ではなく、自分の直感に従って物事を決める。それが、最も環境にやさしい生き方だと言えるでしょう。

当社の環境ポリシーは、それほど極端なものではありません。私たちは、今もジーンズを作っています。作ることは私たちの情熱だからです。そして、今は2019年。

当社は、公正かつ倫理的な方法で製品を作るという選択をしました。このチャンスはあらゆる企業に訪れますが、これを掴む企業はほとんどありません。

当社のジーンズは、数回穿いたらすぐ捨ててしまうような扱いを想定して作られていません。穿き古した風合いを慈しみ、修繕を施します。長く穿けば穿くほど、ジーンズは肌になじみ、体の一部になっていきます。まるで、セカンドスキンのように。

1枚の生デニムジーンズは、当社の価値観を具現化したものです。余分な加工やウォッシュはしない。オーガニックコットン100%で作る。

私たちはジーンズ穿き込み(最初の6か月は洗濯をせずに毎日穿く)のコンセプトを掲げ、無料リペアをお約束します。私たちは更に、使い古したデニムをセカンドハンドジーンズとして再生し、新しいジーンズには生デニムを使用します。こうしたすべてのこだわりがスマートな消費を約束するとともに、環境に優しく、持続可能な製品を実現するのです。

当社は、同じ価値観を持つサプライヤーとのみ連携しています。Fair Wear Foundationと協力し、生産ライン全体で安全かつ倫理的な作業環境を確保しています。

これが、できる限り「適度」に近づくための私たちの考え方です。より「Lagom(ラーゴム)」に近づくため。

理想のバランスを手に入れるためのやり方です。